鉄道

【特急ひたち/ときわ乗り方ガイド】料金や割引切符を徹底解説!

投稿日:2021年1月3日 更新日:

東京や上野から水戸やひわきなど、常磐線の主要駅を結ぶ、JR東日本の特急列車「特急ひたち」と「特急ときわ」

2020年には、仙台までの直通運転が復活したこともあり、JRの特急列車としては長距離を走る列車となりました。

この「ひたち」と「ときわ」は、どちらも同じ車両(E657系)、同じ料金形態ですが、運行区間と途中停車駅が異なります。

今回は、そんな特急ひたちとときわについて解説していきます。

特急ひたちの停車駅と所要時間

  • 品川(しながわ)
  • 東京(とうきょう)
  • 上野(うえの)
  • 柏(かしわ)
  • 土浦(つちうら)
  • 水戸(みと)
  • 勝田(かつた)
  • 東海(とうかい)
  • 大甕(おおみか)
  • 常陸多賀(ひたちたが)
  • 日立(ひたち)
  • 高萩(たかはぎ)
  • 磯原(いそはら)
  • 勿来(なこそ)
  • 泉(いずみ)
  • 湯本(ゆもと)
  • いわき
  • 広野(ひろの)
  • 富岡(とみおか)
  • 大野(おおの)
  • 双葉(ふたば)
  • 浪江(なみえ)
  • 原ノ町(はらのまち)
  • 相馬(そうま)
  • 亘理(わたり)
  • 岩沼(いわぬま)
  • 仙台(せんだい)
    太字は全列車停車、他は一部停車

特急ひたちの終点は「いわき」または「仙台」となっています。「ときわ」との違いは東京からいわき~仙台の長距離列車であるという点です。

多くの「ひたち」は上野~水戸間をノンストップ、水戸~いわき・仙台間は、列車によって停車する駅としない駅があります。

主な区間の所要時間は以下の通りです。

  • 上野~水戸:約1時間10分
  • 上野~日立:約1時間30分
  • 上野~いわき:約2時間15分
  • 上野~仙台:約4時間25分

特急ひたちは、停車駅が少なく速達性に優れているため、遠方の各主要駅へのアクセスに便利な列車となっています。

特急ときわの停車駅と所要時間

  • 品川(しながわ)
  • 東京(とうきょう)
  • 上野(うえの)
  • 日暮里(にっぽり)
  • 柏(かしわ)
  • 龍ケ崎市(りゅうがさきしえき)
  • 牛久(うしく)
  • ひたちのうしく
  • 荒川沖(あらかわおき)
  • 土浦(つちうら)
  • 石岡(いしおか)
  • 友部(ともべ)
  • 赤塚(あかつか)
  • 水戸(みと)
  • 勝田(かつた)
  • 東海(とうかい)
  • 大甕(おおみか)
  • 常陸多賀(ひたちたが)
  • 日立(ひたち)
  • 高萩(たかはぎ)
    太字は全列車停車、他は一部停車

特急ときわの終点は、土浦、勝田、高萩となっています。「ひたち」と違い、高萩以北のいわき・仙台方面では運行されません。

特急ひたちが速達型であるのに対して、特急ときわは比較的近距離での利用を目的とした停車型の列車となります。

主な区間の所要時間は以下の通りです。

  • 上野~土浦:約45分
  • 上野~水戸:約1時間15分
  • 上野~日立:約1時間40分

水戸以北の区間になると「ひたち」より途中停車駅が多くなる分、少々時間がかかりますが、大きくても十数分程度の差です。

列車編成と乗車方法について

特急ひたち/ときわは、E657系の10両編成で運転され、グリーン車を含む全ての車両が指定席となっています。

乗車には乗車券の他に指定席特急券、もしくは座席未指定券が必要です。

座席未指定券とは、利用する日付と区間のみ設定し、乗車時に空席のある場所を自由に選択して乗車できる切符です。

座席の上部に、指定券の発売状況を示すランプがあり、赤ランプの席(未予約席)黄ランプの席(もう少しで指定券を持った人が来る席)に座席に座ることができます。

ただし、未指定券だと途中駅から座席指定券を持った利用客が来た際は席を譲らなくてはいけません。

他の席も満席の場合は立ち乗りとなってしまうので注意が必要です。

なお、料金は指定券と変わらないので、乗る列車が直前まで分からない場合を除き、予め座席指定を行っておくことをオススメします。

特急ひたち/ときわの料金

主な区間の料金は以下の通りです。(※は内訳)

  • 品川/東京/上野⇔水戸/勝田:3,890円
    ※乗車券2,310円+特急券1,580円
  • 品川/東京/上野いわき:6,290円
    ※乗車券3,740円+特急券2,550円
  • 品川/東京/上野仙台:9,280円
    ※乗車券6,380円+特急券2,900円

特急料金はどちらも同じ距離制となっているため、乗車区間が同じならどちらを利用しても特急料金は変わりません。

距離ごとの特急料金は以下の通りです。

  • 50キロまで:760円
  • 100キロまで:1,020円
  • 150キロまで:1,580円
  • 200キロまで:2,240円
  • 300キロまで:2,550円
  • 400キロまで:2,900円

繁忙期・通常期・閑散期といった時期による指定席料金の変動はありません。

ただし、事前に指定券を購入せずに車内で購入した場合、車内料金として260円の割増料金となるので注意しましょう。

特急ひたち/ときわで使える割引切符

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JR東日本の「えきねっと」より発売されている乗車券と特急券(座席指定券)がセットになった片道切符です。

特急ひたち/ときわの場合は、運賃と特急料金の合計金額から10%割引のトクだ値切符が常設されています。

割引の設定区間は「品川~東京」⇔「土浦~仙台間の全駅」と幅広く、多くの区間で利用できます。

トクだ値切符の購入には、えきねっとの会員登録(無料)と乗車日の前日までに切符を購入する必要があります。

トクだ値の発売枚数には限りがあるので、予定が決まり次第早めに購入するをオススメします。

ちなみに、不定期でより割引率の高い「お先にトクだ値(30%割引)」や「トクだ値スペシャル(50%割引)」が発売されることもあるので、えきねっとの最新情報はこまめに確認しておくと良いでしょう。

※お先にトクだ値は乗車日13日前の午前1時40分まで、トクだ値スペシャルは乗車日20日前の午前1時40分までに購入。

えきねっとチケットレスサービス

スマートフォン・携帯電話から「えきねっとチケットレスサービス」を利用することで、特急ひたち/ときわの指定席特急料金が100円引きになります。※パソコンからの購入は不可。

割引は小さいですが、当日購入でも割引が適用されるため、今すぐに利用したい時でもチケットレスから申し込むことでお得になります。

また、購入は指定席特急券だけなので、乗車券には下記の週末パスや学割など乗車券タイプの割引切符と併用できます。

当日すぐに乗車したい場合や、乗車券は別に用意したい場合にオススメの割引です。

なお、チケットレスの特急券の場合、購入時の指定列車に乗り遅れた場合は無効となるので注意しましょう。

週末パス

週末パスは、土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。(大人8,880円で2日間有効)

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので、特急券の別途購入が必要ですが、品川~仙台の常磐線全区間がフリーエリアとなっています。

短区間の往復だと元は取れませんが、特急ひたち以外の列車も利用して遠出する場合や、新幹線も利用する場合には、通常の乗車券を購入するより安くできるかもしれません。

また、前述の特急券が割引になる「えきねっとチケットレスサービス」でひたち/ときわの特急券を購入すれば、さらにお得になります。

週末のお出かけに大変便利でお得な切符ですが、利用開始の前日までに購入しておく必要があるので注意しましょう。※当日購入不可

休日おでかけパス

休日おでかけパスは土日祝日限定のフリー乗車券です。(大人2,720円で当日のみ有効)

フリーエリアには品川~土浦も含まれているため、この区間であれば別途特急券を購入することで特急ひたち/ときわに乗車できます。

休日おでかけパスの料金は2,720円ですが、東京~土浦の運賃が片道1,170円なので、往復+αの乗車で元が取れます。

土日祝日に東京近郊を周遊するのであれば、休日おでかけパスがオススメです。

常磐特急は全車指定席なので注意!

このように「特急ひたち」は上野~いわき・仙台を結ぶ速達型、「特急ときわ」は上野~水戸・勝田の区間で運転される停車型でそれぞれ途中停車駅が違います。

どちらも全車指定席の特急列車なので、乗車前に座席指定券の購入を忘れないよう注意してください。

割引切符も複数あるので、利用目的に応じて最適な割引切符を選びましょう!

アドセンス336




アドセンス336




-鉄道

執筆者:

関連記事

no image

北海道フリーパスは本当にお得か?使い方とオススメの使用方法

JR北海道が発売しているフリー切符の中で、最大のフリーエリアと有効期間を誇る「北海道フリーパス」 北海道のフリー切符の中では最大のフリーエリアを誇りますが、値段が大人27,430円と高く、そう気軽に利 …

【新幹線】はやぶさ/こまち/やまびこ/つばさの違いはこれ!

「はやぶさ」「こまち」「はやて」「やまびこ」「つばさ」「なすの」 北海道・東北新幹線には2020年現在、上記6種類もの新幹線が運行されています。 名前だけは聞いたことがあるという方でも、何がどの方面へ …

【特急オホーツク/大雪の料金】札幌~網走間の割引切符はこれ!

札幌から石北本線を経由して札幌~北見・網走間を結ぶ特急オホーツクと特急大雪(たいせつ)。 特急オホーツクは、数ある特急列車の中でも長時間走る列車であり、札幌~網走を乗り通すと片道5時間20分ほどかかり …

【特急おおぞらの料金】札幌~帯広・釧路で使える割引切符はこれ!

特急おおぞらは、札幌と釧路を結ぶ特急列車であり、道東へのアクセスに便利な移動手段です。 札幌~帯広の区間は特急とかちも走っていますが、帯広から先の釧路方面まで直通する列車はこの特急おおぞらのみとなって …

【2020年版】キハ40に乗れる路線はここ!引退前に乗っておくべき

キハ40形気動車とは、国鉄時代に登場した気動車であり、かつては全国各地の非電化路線で活躍していた車両です。既に製造から数十年が経過している車両ですが、今もなお地方のローカル線を中心に地域の鉄道輸送を支 …