鉄道

ひがし北海道フリーパスの使い方とお得になる区間を紹介

投稿日:2020年6月14日 更新日:

JR北海道のお得な切符として、毎年発売されている「ひがし北海道フリーパス」

peachまたはAIRDOの飛行機を利用して道内指定の空港を訪れた際に購入できるフリー切符で、道東を鉄道を利用して周遊する場合に便利な切符です。

私自身も北海道旅行で実際に使用したことがありますが、広いフリーエリアと特急の自由席を利用できるため、非常にお得で使い勝手の良い切符と言えます。

今回は、ひがし北海道フリーパスの購入方法やオススメの利用方法について紹介していきます。

切符の購入条件

ひがし北海道フリーパスの購入条件は以下の通りです。

  1. 「Peach」で新千歳空港または釧路空港へ到着すること
    または「AIRDO」で新千歳、旭川、女満別、帯広、釧路のいずれかの空港へ到着すること
  2. 空港に到着した当日中に駅窓口またはツインクルプラザで購入すること
    ※女満別空港は網走駅または北見駅の窓口で購入可
  3. 利用した飛行機の搭乗券を提示すること
  4. U25(25歳以下割引)を利用する場合は身分証も合わせて提示すること

指定の航空会社は「Peach」と「AIRDO」のどちらかなので、フリーパスを利用したい場合は搭乗する航空会社を間違えないようにしましょう。

また、利用した航空券を忘れてしまうと購入できないので、切符を購入するまで搭乗券を捨てないように注意してください。後日購入もできないので、到着後はなるべく早くに切符を購入しましょう。

発売価格と乗車できる列車

  • 大人16,380円、小人8,190円
  • U25(25歳以下割引):大人12,680円
  • 有効期限:購入当日より5日間
  • 乗車できる列車:普通列車(不通区間の代行バス含む)、快速列車、特急列車の自由席

ひがし北海道フリーパスの値段は大人16,380円、25歳以下の方は運転免許証や健康保険証などの公的証明書を提示することで割引価格で利用できます。

乗車できる列車は、普通列車の自由席の他に特急列車の自由席も追加料金なしで利用できます。特急列車での車内検札でもこのフリーパスを提示すれば大丈夫です。

一方、特急列車の指定席やグリーン車、快速エアポートのUシート、観光列車等の指定席を利用する場合は運賃のみ有効で、別途で指定席料金が必要になるので注意しましょう。

どれぐらい乗ればお得になるか?

ひがし北海道フリーパスは大人16,380円なので、5日間で正規運賃+特急料金がこの金額を上回ればお得になります。

特急列車の自由席を利用して、新千歳空港から道東の主要駅を往復した場合を例に金額を比較してみます。

  1. 新千歳空港から釧路
    →片道8,930円/往復17,860円
     →1,480円お得!
  2. 新千歳空港から根室
    →片道10,910円/往復21,820円
     →5,440円お得!
  3. 新千歳空港から北見(旭川経由)
    →片道9,810円/往復19,620円
     →3,240円お得!
  4. 新千歳空港から網走(旭川経由)
    →片道10,580円/往復21,160円
     →4,780円お得!
  5. 新千歳空港から帯広
    →片道5,850円/往復11,700円
     →4,680円不足
  6. 新千歳空港から旭川
    →片道5,480円/往復10,960円
     →5,420円不足

特急の自由席も追加料金なしで利用できるということから、切符の元を取るのはそう難しくはありません。道東の主要都市を往復するだけでもお得になるので、周遊した場合はさらにお得となります。

一方、旭川や帯広といった比較的近い場所の移動だけだと、単純往復以外にも何度か鉄道を利用しないと元が取れません。

短距離・片道利用の場合は、片道割引切符の「えきねっとトクだ値」など他の割引切符の利用を検討した方が良いでしょう。

サンプルモデルルート

参考までに、私ハヤマが実際にひがし北海道フリーパスを利用して移動した際のルートをご紹介します。

サンプル1/根室・釧路往復

  • 1日目:成田空港から「peach」を利用して新千歳空港へ。南千歳から特急おおぞらで帯広へ移動
  • 2日目:帯広から特急おおぞらで釧路へ
  • 3日目:釧路から根室を往復、ノロッコ湿原号で釧路~塘路を往復
  • 4日目:釧路周辺をレンタカーで1日観光(鉄道の移動はなし)
  • 5日目:釧路から札幌へ、札幌から新千歳空港で利用

夏に根室・釧路を観光した際に行った旅程です。5日間のうち4日目以外はフリーパスを利用して移動しています。

鉄道利用で追加料金が発生したのは臨時観光列車のノロッコ湿原号で、こちらの指定席には指定席料金530円を別途で支払っています。

サンプル2/道東周遊

  • 1日目:新千歳空港より特急おおぞらで釧路へ
  • 2日目:釧路から釧網本線で網走、網走から石北本線で北見へ
  • 3日目:北見から特急オホーツクで札幌へ
  • 4日目:札幌から小樽、小樽から新千歳空港へ

2回目に利用した際は、4日間で新千歳空港→釧路→網走→北見→札幌の順で道東をぐるっと回ったルートです。

周遊時のメリットとして途中で特急券や乗車券を購入する必要がなく、1枚の切符で最後まで利用できる点があります。乗車前にいちいち切符を用意する必要がないのは周遊時にとても楽ですね。

まとめ/道東の周遊で非常にお得!

ひがし北海道フリーパスは、「peach」または「AIRDO」の飛行機で指定の空港を訪れる際にのみ利用できる特別な割引切符です。

新千歳空港から釧路や根室、網走へ行くのなら単純往復でも元が取れる破格の切符なので、条件を満たしているのならぜひとも利用しましょう!

切符購入は空港到着の当日かつ、購入時には登場した飛行機の航空券が必要なので、忘れないように注意してくださいね。

以上、参考になれば幸いです。

アドセンス336




アドセンス336




-鉄道

執筆者:

関連記事

【特急オホーツク/大雪の料金】札幌~網走間の割引切符はこれ!

札幌から石北本線を経由して札幌~北見・網走間を結ぶ特急オホーツクと特急大雪(たいせつ)。 特急オホーツクは、数ある特急列車の中でも長時間走る列車であり、札幌~網走を乗り通すと片道5時間20分ほどかかり …

no image

【2021年】青春18きっぷのルールとお得に利用するコツを徹底解説!

青春18きっぷは、全国のJR線(普通列車)が乗り放題のお得な切符であり、格安旅行の移動手段や鉄道の乗りつぶしにも重宝される毎年恒例のフリーきっぷです。 「青春18」との名称から年齢制限があると思われが …

【特急おおぞらの料金】札幌~帯広・釧路で使える割引切符はこれ!

特急おおぞらは、札幌と釧路を結ぶ特急列車であり、道東へのアクセスに便利な移動手段です。 札幌~帯広の区間は特急とかちも走っていますが、帯広から先の釧路方面まで直通する列車はこの特急おおぞらのみとなって …

【特急北斗】札幌~函館で使える割引切符はこれ!

札幌と道南の函館を結ぶJR北海道の特急列車「特急北斗」。 有名観光地である函館へのアクセスや、北海道新幹線を乗り継いで札幌へ向かう際に便利な列車であり、札幌~函館の所要時間は約3時間50分となっていま …

【新幹線】はやぶさ/こまち/やまびこ/つばさの違いはこれ!

「はやぶさ」「こまち」「はやて」「やまびこ」「つばさ」「なすの」 北海道・東北新幹線には2020年現在、上記6種類もの新幹線が運行されています。 名前だけは聞いたことがあるという方でも、何がどの方面へ …