鉄道

【特急ライラック/カムイ】札幌~旭川間で使える割引切符はこれ!

投稿日:2020年7月2日 更新日:

札幌から旭川間で運行されているJR北海道の特急列車「特急ライラック」「特急カムイ」。

旭山動物園や富良野方面へのアクセスに便利な特急列車であり、所要時間は札幌~旭川を約1時間25分、運行本数もJR北海道の中では最も多い主力列車です。

今回は、この特急ライラック・カムイの基本情報とお得な割引切符について紹介していきます。

特急ライラック/カムイの基本情報

ライラック/カムイの停車駅と所要時間

特急ライラックの停車駅は以下の通りです。

・札幌(さっぽろ)
・岩見沢(いわみざわ)
・美唄(びばい)
・砂川(すながわ)
・滝川(たきかわ)
・深川(ふかがわ)
・旭川(あさひかわ)

主な区間の所要時間は以下の通りです。

  • 札幌~旭川:約1時間25分
  • 札幌~深川:1時間5分
  • 札幌~滝川:約52分
  • 札幌~砂川:約46分
  • 札幌~美唄:約35分
  • 札幌~岩見沢:約25分

道内の特急列車としては速達性も良く、競合する高速バス「高速あさひかわ号」よりも所要時間の面で優位に立っています。

ライラック/カムイの違い

ライラックとカムイはどちらも同じ区間・停車駅の特急列車ですが、使用される列車編成が異なります。

ちなみに、どちらも車内販売はないので、飲み物類は予め乗車前に購入しておきましょう。

ライラックの車両編成

特急ライラックは6両編成で、自由席、指定席、グリーン車の3つの座席があります。

旭川よりの1号車側がグリーン車と指定席、札幌よりの4号車~6号車が自由席となっています。(列車によって指定席・自由席車両が変更される場合があります。)

カムイの車両編成

特急カムイは5両編成で、自由席と指定席のUシートがあります。ライラックと違いカムイにはグリーン車はありません。

札幌よりの4号車が指定席Uシート、自由席は4号車以外の全ての車両です。

指定席のUシートは自由席の座席に比べて座席のグレードが良く、各座席にコンセントが付いています。

ライラック・カムイの通常料金

主な区間の通常料金は以下の通りです。※()は運賃/特急料金の内訳です。

なお、ライラック/カムイのどちらも料金は同じです。

  • 札幌~旭川
    →自由席:4,690円
    (乗車券2,860円/特別料金1,830円)
    →指定席:5,220円
    (乗車券2,860円/特別料金2,360円)
  • 札幌~深川
    →自由席:4,250円
    (乗車券2,420円/特別料金1,830円)
    →指定席:4,780円
    (乗車券2,420円/特別料金2,360円)
  • 札幌~滝川
    →自由席:3,040円
    (乗車券1,890円/特別料金1,150円)
    →指定席:3,570円
    (乗車券1,890円/特別料金1,680円)

特急ライラック・カムイで使える割引切符

で使える割引切符には以下のような切符があります。

  • えきねっとトクだ値
  • 自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)
  • 旭山動物園きっぷ
  • 北海道フリーパス
  • きた/ひがし北海道フリーパス
  • 学割

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JRのネット予約サイト「えきねっと」(会員登録無料)より購入できる、指定区間の運賃と指定席特急料金がセットになった片道切符です。

特急ライラック/カムイでは、札幌と旭川間の相互移動に限り割引が設定されています。

主な設定区間の価格は以下の通りです。

  • 特急ライラック/カムイ
    ・札幌⇔旭川(45%割引)
    →大人2,860円/小児1,420円

割引率は45%引きと非常に高く、札幌~滝川・深川間の移動で使っても通常料金より安くなるほどです。とにかく格安で利用したいという方はトクだ値切符の購入をオススメします。

ただし、トクだ値は発売席数に限りがあるので、予定が決まり次第早めに予約することをオススメします。

自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)

札幌~旭川の往復で利用できる割引切符が、自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)です。往復の乗車券と特急料金がセットになっており、特急ライラック/カムイの自由席を利用できます。

有効期限は6日間で、設定区間と発売価格は以下の通りです。

  • 札幌⇔旭川:5,550円
  • 札幌⇔深川:4,780円
  • 札幌⇔滝川:4,650円
  • 札幌⇔砂川:3,970円
  • 札幌⇔美唄:3,120円
  • 札幌⇔岩見沢:1,980円
  • 旭川⇔深川:1,680円
  • 旭川⇔滝川:3,420円

Sきっぷは割引率が高く、往復で自由席を利用するならオススメの切符と言えます。

また、Sきっぷは通年発売で乗車日当日の購入もできるため、使いたい時にすぐ使えるのもメリットです。

旭山動物園きっぷ

札幌から旭川動物園へ行く方なら「旭山動物園きっぷ」がオススメです。

札幌~旭川の往復分(特急自由席)と、旭川~旭山動物園までのバス乗車券の往復分がセットになっており、動物園の入園券(大人のみ)を加えた切符も発売されています。

有効期限は4日間で、きっぷの価格は以下の通りです。

  • 入園券なし:大人5,840円/小児2,920円
  • 入園券付き:大人6,740円(大人のみ)

旭山駅~旭山動物園のバスは片道大人450円なので、旭山動物園を利用するならこの切符を使った方が大幅にお得になります。

切符は当日でも購入できますが、旭山動物園が休園の期間は利用できないので注意が必要です。

北海道フリーパス

「北海道フリーパス」は、JR北海道の在来線特急列車に7日間乗り降り自由の切符で、特急ライラック/カムイも札幌~旭川の全区間で利用できます。

料金は大人27,430円と高く、札幌~旭川の移動だけだと元が取れませんが、指定席を6回まで利用できます。

カムイの指定席Uシートを追加料金なしで利用できるのもメリットで、北海道の各地をくまなく周遊するのであればオススメの切符と言えます。

きた/ひがし北海道フリーパス

「peach」または「AIRDO」を利用して北海道の空港に到着した方限定で、道北または道東エリアが乗り降り自由の「きた北海道フリーパス」と「ひがし北海道フリーパス」があります。

どちらも札幌~旭川~富良野の各エリアは、特急列車の自由席を含め乗り降り自由の切符で、ライラック・カムイも札幌~旭川の全区間で利用できます。

ただし、カムイのUシートなど指定席を利用する場合は、別途で特急券を購入する必要があります。

きっぷの発売価格は以下の通りです。

  • きた北海道フリーパス
    →大人13,150円
    →U25 (25歳以下割引)10,520円
    →小児6,570円
    ※有効期限は4日間
  • ひがし北海道フリーパス
    →大人16,380円
    →U25 (25歳以下割引)12,680円
    →小児8,190円
    ※有効期限は5日間

特急ライラック/カムイでの移動だけでは元が取れませんが、旭川以外の稚内や網走といった道北・道東エリアへの移動を挟めば十分元が取れます。

購入条件が限られますが非常にお得で使いやすい切符なので、道外からアクセスする方であれば特にオススメの切符と言えます。

学割

学割は、片道の営業キロが101km以上となる区間を移動する場合に利用できる学生限定の割引切符です。

学割は乗車券(運賃)が2割引きとなる制度であり、特急券は別途で購入が必要です。

ライラック/カムイの区間だと、札幌~滝川で106kmなので、この区間を超える利用なら学割が使えます。

ただ、JR北海道は割引率の高いお得な切符やフリーパスが多いので、他を利用できる切符があるならそちらを使う方が良いでしょう。

まとめ

このように特急ライラック/カムイは札幌~旭川を結ぶ特急列車であり、札幌~旭川を約1時間25分で結びます。

札幌~旭川の通常料金は自由席4,690円、指定席5,220円ですが、この区間は利用できる割引切符が多く、片道はトクだ値、往復はSきっぷ、周遊ならフリーパスなど、利用スタイルに応じて一番お得になる切符を購入しましょう!

以上、参考になれば幸いです。

アドセンス336




アドセンス336




-鉄道

執筆者:

関連記事

no image

【2021年】青春18きっぷのルールとお得に利用するコツを徹底解説!

青春18きっぷは、全国のJR線(普通列車)が乗り放題のお得な切符であり、格安旅行の移動手段や鉄道の乗りつぶしにも重宝される毎年恒例のフリーきっぷです。 「青春18」との名称から年齢制限があると思われが …

no image

【学割乗車券の買い方】片道101キロ以上で乗車券が2割引きに!

学割乗車券とは、中高生や大学生、専門学校生など学生さんのみ利用できるJRの割引乗車券です。 学生割引を利用すれば乗車券が2割引となるため、鉄道を利用しての帰省や旅行を行う際に役立ちます! ただし、学割 …

【新幹線】はやぶさ/こまち/やまびこ/つばさの違いはこれ!

「はやぶさ」「こまち」「はやて」「やまびこ」「つばさ」「なすの」 北海道・東北新幹線には2020年現在、上記6種類もの新幹線が運行されています。 名前だけは聞いたことがあるという方でも、何がどの方面へ …

【2020年版】キハ40に乗れる路線はここ!引退前に乗っておくべき

キハ40形気動車とは、国鉄時代に登場した気動車であり、かつては全国各地の非電化路線で活躍していた車両です。既に製造から数十年が経過している車両ですが、今もなお地方のローカル線を中心に地域の鉄道輸送を支 …

no image

北海道フリーパスは本当にお得か?使い方とオススメの使用方法

JR北海道が発売しているフリー切符の中で、最大のフリーエリアと有効期間を誇る「北海道フリーパス」 北海道のフリー切符の中では最大のフリーエリアを誇りますが、値段が大人27,430円と高く、そう気軽に利 …