鉄道

【特急宗谷・サロベツ】札幌・旭川~稚内の割引切符はこれ!

投稿日:2020年6月30日 更新日:

北海道の都市部である札幌から宗谷本線を経由して、日本最北端の稚内を結ぶ特急列車「特急宗谷」「特急サロベツ」。

特急宗谷は札幌~稚内間を直通、特急サロベツは旭川~稚内間で運行されている特急列車です。

どちらも名寄や宗谷岬、利尻島・礼文島といった稚内方面へのアクセスに便利な特急列車であり、札幌~稚内を約5時間15分で結んでいます。

今回は、この特急宗谷・サロベツの基本情報とお得な割引切符について紹介していきます。

特急宗谷・サロベツの基本情報

停車駅と所要時間

・札幌(さっぽろ)※特急宗谷発着
・岩見沢(いわみざわ)
・※美唄(びばい)
・※砂川(すながわ)
・滝川(たきかわ)
・深川(ふかがわ)
・旭川(あさひかわ)※特急サロベツ発着
・和寒(わっさむ)
・士別(しべつ)
・名寄(なよろ)
・美深(びふか)
・音威子府(おといねっぷ)
・天塩中川(てしおなかがわ)
・幌延(ほろのべ)
・豊富(とよとみ)
・南稚内(みなみわっかない)
・稚内(わっかない)
※の駅は一部列車が停車

特急宗谷は札幌~稚内を1日1往復、特急サロベツは旭川~稚内を1日2往復運転しています。

特急サロベツを利用して札幌~稚内を移動する場合、札幌~旭川間は旭川駅にて特急ライラック・カムイと乗り継ぎが可能です。

主な区間の所要時間は以下の通りです。

  • 札幌~稚内:約5時間15分
  • 札幌~名寄:約2時間30分
  • 旭川~名寄:約55分
  • 旭川~稚内:約3時間45分

列車によって所要時間は多少前後します。

なお、冬季は大雪による遅延が発生することもあるので注意が必要です。

特急宗谷・サロベツの車両編成と座席について

特急宗谷・サロベツは通常4両編成で運行されています。

自由席は札幌よりの4号車、指定席は1号車の半室と2号車~3号車、グリーン車は稚内より1号車の半室です。

コンセントは1号車グリーン車の窓側にのみ付いており、普通車指定席・自由席にはコンセントが付いていません。

また、特急宗谷・サロベツのどちらも車内販売はありません。

札幌~稚内を乗り通す場合は5時間以上の長時間乗車となるので、お弁当や飲み物等は乗車前に用意しておきましょう。

特急宗谷・サロベツの通常料金

主な区間の通常料金は以下の通りです。※下段は運賃と特急料金の内訳です。

区間 自由席 指定席
札幌↔
稚内
10,560円
運賃7,920円
特急2,640円
11,090円
運賃7,920円
特急3,170円
札幌↔
名寄
7,260円
運賃4,840円
特急2,420円
7,790円
運賃4,840円
特急2,950円
旭川↔
稚内
8,360円
運賃5,940円
特急2,420円
8,890円
運賃5,940円
特急2,950円

JR北海道の特急列車には繁忙期や閑散期による指定席料金の差はありません。

特急サロベツと特急ライラック・カムイを旭川駅で乗り継ぐ場合、旭川で改札を出ない限り特急料金は通しの料金で利用できます。

例えば、札幌~旭川は特急ライラック、旭川~稚内を特急サロベツに乗車する場合でも、特急料金は札幌~稚内の通しの料金で利用できるという仕組みです。

特急宗谷・サロベツで使える割引切符

特急宗谷・サロベツで使える割引切符には以下のような切符があります。

  • えきねっとトクだ値
  • 指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)
  • 自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)
  • 学割
  • 北海道フリーパス
  • きた北海道フリーパス

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JRのネット予約サイト「えきねっと」(会員登録無料)より購入できる、指定区間の運賃と指定席特急料金がセットになった片道切符です。

主な設定区間の価格は以下の通りです。

区間 発売額
特急宗谷
札幌市内↔
稚内
7,200円
トクだ値35%割引
札幌市内↔
南稚内
7,060円
トクだ値35%割引
札幌市内↔
名寄
5,050円
トクだ値35%割引
特急サロベツ
旭川↔
南稚内・稚内
4,440円
トクだ値50%割引
旭川↔
音威子府
2,490円
トクだ値55%割引
旭川↔
名寄
1,950円
トクだ値45%割引

いずれのトクだ値切符も乗車当日までの予約で利用できますが、トクだ値切符は発売席数に限りがあります。

なお、旭川駅で特急を乗り継ぐ場合は、札幌~旭川間のライラックの切符と旭川~稚内間のサロベツの切符を個々に購入する必要があります。

指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)

指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)は、往復乗車分の運賃と特急料金がセットになった割引切符です。

主な区間の設定区間と発売額は以下の通りです。※Rきっぷは時期によって発売額が異なります。

夏季料金:4月1日~11月30日利用開始分
区間 発売額
札幌市内⇔
稚内
13,310円
札幌市内⇔
音威子府
12,920円
冬季料金:12月1日~3月31日利用開始分
札幌市内⇔
稚内
14,410円
札幌市内⇔
音威子府
13,360円
1か月前から乗車当日まで購入可能
有効期間:6日

札幌~稚内を指定席で往復すると通常22,180円なので、割引率の高いお得な切符です。

えきねっとトクだ値を利用して札幌~稚内を往復した場合の料金が14,400円なので、夏季シーズンの往復利用だとRきっぷの方がお得です。

乗車区間の座席指定は、指定席券売機または駅のみどりの窓口にて行えます。

指定列車に乗り遅れた場合は指定券は無効となりますが、後続の特急列車自由席を利用できます。

札幌~稚内間を旭川乗り継ぎで利用する場合でも、改札外に出なければ2回まで座席指定ができるため追加料金はかかりません。

自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)

自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)は、往復乗車分の運賃と特急料金がセットになった割引切符です。上記Rきっぷの自由席版といった感じですね。

主な設定区間と発売額は以下の通りです。

区間 発売額
札幌市内⇔名寄 8,800円
旭川⇔稚内 10,830円
通年発売・当日購入可
有効期間:6日

Rきっぷと設定区間が異なりますが、いずれも通常料金で往復した場合と比べ約6,000円ほどの割引となります。

北海道フリーパス

北海道フリーパスは、JR北海道の在来線が7日間乗り放題のフリー切符です。

特急列車の自由席も乗り放題で、普通車指定席は6回まで利用できます。特急宗谷・サロベツも札幌~稚内の全区間で利用できます。

発売額と利用期間は以下の通りです。

JR北海道の在来線全線(特急列車含む)
料金:27,430円(大人のみ発売)
有効期間:7日間
※GW・お盆・年末年始期間は利用不可

特急宗谷・サロベツの場合は割引率の高いRきっぷがあるので、札幌~稚内を往復するだけならRきっぷの方が良いです。

しかし、北海道フリーパスは道内他の特急列車も利用できるので、特急宗谷・サロベツ以外にも鉄道で周遊する予定ならオススメの切符です。

きた北海道フリーパス

きた北海道フリーパスは、「peach」や「AIRDO」などの指定の航空会社の飛行機を利用して、道内指定の空港に到着した人限定で購入できるお得なフリーパスです。

旭川・富良野・稚内などの道北エリアが特急列車の自由席を含め乗り降り自由の切符です。

発売額は以下の通りです。

大人:13,150円
U25:10,520円
※25歳以下限定
有効期間:4日間

※普通車指定席やグリーン車など指定席を利用する場合は、別途で特急券の購入が必要です。

特急宗谷・サロベツの往復だけでも元が取れるほどお得なフリーパスであり、稚内以外のエリアにも立ち寄ればよりお得になります。

購入条件は限られますが非常にお得な切符なので、道外からアクセスする場合には利用できるか検討してみることをオススメします。

学割

学割は、片道の営業キロが101km以上となる区間を移動する場合に利用できる学生限定の割引切符です。

学割は乗車券(運賃)が2割引きとなる制度であり、特急券は別途で購入が必要です。

特急宗谷・サロベツは各駅間の運行区間が長く、札幌~名寄・稚内、旭川~音威子府・稚内など主要区間の移動では片道101km以上となります。

他のお得な割引切符ほどお得感はありませんが、他の区間から長距離移動する場合に利用しましょう。

まとめ

このように特急宗谷・サロベツは札幌~旭川~稚内間で運行されている特急列車であり、札幌~稚内の通常料金は自由席10,560円、指定席11,090円となっています。

通常料金は高いですが片道から使える「えきねっとトクだ値」や往復用の「Rきっぷ」は割引率が高く、正規料金で利用するのは非常にもったいないです。

他にもフリーパスを含めお得に利用できる切符が多いので、事前にこれらの割引切符が使えないか検討してみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。

-鉄道

執筆者:

関連記事

no image

【学割乗車券の買い方】片道101キロ以上で乗車券が2割引きに!

学割乗車券とは、中高生や大学生、専門学校生など学生さんのみ利用できるJRの割引乗車券です。 学生割引を利用すれば乗車券が2割引となるため、鉄道を利用しての帰省や旅行を行う際に役立ちます! ただし、学割 …

【2020年版】キハ40に乗れる路線はここ!引退前に乗っておくべき

キハ40形気動車とは、国鉄時代に登場した気動車であり、かつては全国各地の非電化路線で活躍していた車両です。既に製造から数十年が経過している車両ですが、今もなお地方のローカル線を中心に地域の鉄道輸送を支 …

【特急ライラック・カムイ】札幌~旭川で使える割引切符はこれ!

札幌から旭川間で運行されているJR北海道の特急列車「特急ライラック」「特急カムイ」。 旭山動物園や富良野方面へのアクセスに便利な特急列車であり、所要時間は札幌⇔旭川を約1時間25分、運行本数もJR北海 …

ひがし北海道フリーパスの使い方とお得になる区間を紹介

JR北海道のお得な切符として、毎年発売されている「ひがし北海道フリーパス」 peachまたはAIRDOの飛行機を利用して道内指定の空港を訪れた際に購入できるフリー切符で、道東を鉄道を利用して周遊する場 …

【特急ひたち・ときわ】利用料金や割引切符を徹底解説!

関東首都圏の東京・上野から常磐線経由で水戸・仙台を結ぶ、JR東日本の特急列車「特急ひたち」「特急ときわ」。 2020年に常磐線の全線復旧以後、東京・上野~仙台の長距離を走るようになった貴重な特急列車で …