鉄道

【特急踊り子】東京横浜~伊豆急下田で使える割引切符はこれ!

投稿日:

東京・横浜方面から伊豆半島の下田や修善寺へのアクセスを担う、JR東日本の特急列車「特急踊り子」

行楽シーズンの土休日には多くの利用者で賑わう列車であり、東京~熱海間は最大14両という長大編成で運転されるJR東日本と伊豆急行の主力特急です。

同区間に「特急サフィール踊り子」も運行されていますが、こちらの踊り子号は運行本数も多く、特急料金もサフィール踊り子より安いのが特徴です。

今回は、この特急踊り子の停車駅や料金について解説していきます。

特急踊り子の列車概要

主な停車駅と所要時間

特急踊り子の停車駅は以下の通りです。※の駅は一部の列車が停車します。

停車駅
東京(とうきょう)
品川(しながわ)
川崎(かわさき)※
横浜(よこはま)
大船(おおふな)※
小田原(おだわら)※
湯河原(ゆがわら)※
熱海(あたみ)
熱海で連結・切り離し
←下田行き/修善寺行き→
網代
(やじろ)
三島
(みしま)
伊東
(いとう)
三島町田
(みしままちだ)
伊豆高原
(いずこうげん)
大場
(だいば)
伊豆熱川
(いづあたがわ)
伊豆長岡
(いずながおか)
伊豆稲取
(いづいなとり)
大仁
(おおひと)
河津
(かわづ)
修善寺
(しゅぜんじ)
伊豆急下田
(いずきゅうしもだ)
 

特急踊り子は東京発着の列車以外にも、池袋・新宿・渋谷・武蔵小杉経由の列車も運行されています。

主な区間の所要時間は次の通りです。(列車により多少所要時間は前後します。)

所要時間(目安)
東京⇔伊豆急下田 2時間45分
東京⇔修善寺 2時間10分
東京⇔熱海 1時間20分
横浜⇔伊豆急下田 2時間20分
横浜⇔修善寺 1時間45分
横浜⇔熱海 約1時間

特急踊り子の列車編成と乗車方法

特急踊り子はE257系によって運行されており、列車は伊豆急下田行きの9両編成と修善寺行きの5両編成を増結した14両編成で運転されます。

列車は全ての車両が指定席で、乗車には乗車券の他に指定席特急券または座席未指定券が必要です。

座席未指定券とは、利用する日付と区間のみ指定して、乗車する際は空席のある場所を利用できる切符です。

座席の上部に、指定券の発売状況を示すランプがあり、未指定券の場合はそのランプを確認して座席に座ります。

赤ランプ 未指定券で座れる席
黄ランプ 一応座れるが次の駅より
指定券を持つ客が乗車
緑ランプ 他の利用者の予約席

未指定券を利用する場合、途中駅から座席指定券を持った利用客が乗車してきた際は席を譲らなくてはいけません。

他の席も予約済みの場合は立ち乗りとなってしまうので注意が必要です。

なお、料金は指定券と変わらないので乗車予定の列車が直前まで分からない場合を除き、予め座席指定を行っておくことをオススメします。

特急踊り子の通常料金

主な区間の通常料金は以下の通りです。※()は運賃/特急料金の内訳です。また運賃は現金の場合の金額です。

区間 指定席 グリーン
東京⇔
伊豆急下田
6,060円
運賃3,960円
特急2,100円
8,040円
運賃3,960円
特急4,080円
東京⇔
伊豆高原
5,080円
運賃2,980円
特急2,100円
7,060円
運賃2,980円
特急4,080円
東京⇔
伊東
3,890円
運賃2,310円
特急1,580円
5,460円
運賃2,310円
特急3,150円
東京⇔
熱海
3,560円
運賃1,980円
特急1,580円
5,130円
運賃1,980円
特急3,150円
横浜⇔
伊豆急下田
4,880円
運賃3,340円
特急1,540円
5,810円
運賃3,340円
特急2,470円
横浜⇔
伊豆高原
3,900円
運賃2,360円
特急1,540円
4,830円
運賃2,360円
特急2,470円
横浜⇔
伊東
2,710円
運賃1,690円
特急1,020円
3,230円
運賃1,690円
特急1,540円
横浜⇔
熱海
2,360円
運賃1,340円
特急1,020円
2,880円
運賃1,340円
特急1,540円
伊東⇔
伊豆急下田
2,170円
運賃1,650円
特急520円
2,580円
運賃1,650円
特急930円

特急踊り子で使える割引切符

特急踊り子で使える割引には以下のような切符があります。

  • えきねっとトクだ値
  • チケットレスサービス
  • 週末パス
  • 休日おでかけパス

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JRのネット予約サイト「えきねっと」(会員登録無料)より購入できる、指定区間の運賃と指定席特急料金がセットになった片道切符です。

特急踊り子の場合は通年発売ではなく、不定期の期間限定で発売されることがあります。

主な設定区間と割引後の価格は以下の通りです。

区間 発売額
特急踊り子
東京⇔
伊豆急下田
トクだ値30:4,240円
東京⇔熱海 トクだ値30:2,480円
横浜⇔
伊豆急下田
トクだ値30:3,420円
横浜⇔熱海 トクだ値30:1,640円

トクだ値30の切符は乗車当日まで発売されますが、いずれも発売席数に限りがあるので予定が決まり次第早めに予約しましょう。

チケットレス割引

スマートフォン・携帯電話から「えきねっとチケットレスサービス」に申し込むことで、特急踊り子の指定席特急料金が100円引きになります。※パソコンでの購入は不可

当日購入でも割引が適用されるため、今すぐ利用したい時でもチケットレスから申し込むことでお得になります。

また、チケットレスで購入できるのは指定席特急券なので、乗車券には下記の週末パスや休日おでかけパス、交通系ICカードなどと併用することができます。

週末パス

週末パスは、土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。(大人8,880円で2日間有効)

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので特急券は別途購入が必要ですが、東京~熱海~伊豆急下田の区間がフリーエリアとなっています。

伊東~伊豆急下田の伊豆急行線内も乗り降り自由なので、特急踊り子が通過する各駅間の移動にも便利なフリー切符です。

また、前述の「えきねっとチケットレスサービス」で特急券を購入することで、よりお得に踊り子号を利用できます。

東京⇔伊豆急下田の単純往復では元が取れませんが、週末パスのフリーエリアは広いので踊り子以外にも特急列車や新幹線を利用する場合にオススメの切符です。

休日おでかけパス

休日おでかけパスは、土日祝日限定のフリー乗車券です。(大人2,720円で当日のみ有効)

東海道線のフリーエリアは東京~小田原の区間であり、この区間に停車する列車であれば別途特急券を購入することで特急踊り子も利用できます。

休日おでかけパスの料金は2,720円ですが、東京~小田原の運賃が片道1,520円なので単純往復だけで元が取れます。

また、休日おでかけパスのSuica版に「のんびりホリデーSuicaパス」もあります。こちらは2,670円と若干安いのでSuicaを利用するならオススメです。

まとめ

特急踊り子は東京・横浜と伊豆方面を結ぶ特急列車であり、列車は全ての車両が指定席です。

座席未指定券だと混雑時は座れないこともあるので、踊り子を利用する方は予定が決まり次第早めに座席指定を行うことをオススメします。

割引切符は多くはありませんが、週末パスにチケットレス特急券の組み合わせなどお得に利用する方法はあるので、利用目的に応じて上手く活用しましょう!

以上、参考になれば幸いです。

-鉄道

執筆者:

関連記事

【特急ひたち・ときわ】利用料金や割引切符を徹底解説!

関東首都圏の東京・上野から常磐線経由で水戸・仙台を結ぶ、JR東日本の特急列車「特急ひたち」「特急ときわ」。 2020年に常磐線の全線復旧以後、東京・上野~仙台の長距離を走るようになった貴重な特急列車で …

【特急北斗】札幌~函館で使える割引切符はこれ!

札幌と道南の函館を結ぶJR北海道の特急列車「特急北斗」。 函館や伊達紋別、洞爺湖など、道南の各主要観光地へのアクセスに便利な特急列車であり、札幌~函館の所要時間は約3時間50分となっています。 今回は …

no image

【2021年】青春18きっぷのルールとお得に利用するコツを徹底解説!

青春18きっぷは、全国のJR線(普通列車)が乗り放題のお得な切符であり、格安旅行の移動手段や鉄道の乗りつぶしにも重宝される毎年恒例のフリーきっぷです。 「青春18」との名称から年齢制限があると思われが …

no image

【学割乗車券の買い方】片道101キロ以上で乗車券が2割引きに!

学割乗車券とは、中高生や大学生、専門学校生など学生さんのみ利用できるJRの割引乗車券です。 学生割引を利用すれば乗車券が2割引となるため、鉄道を利用しての帰省や旅行を行う際に役立ちます! ただし、学割 …

【東北新幹線の割引一覧】新幹線を格安で利用する方法はこれ!

東京から仙台、盛岡、新青森、新函館北斗駅を結ぶ「東北新幹線/北海道新幹線」 新幹線は長距離を短時間かつ快適に移動できる便利な移動手段ですが、通常料金だと運賃・特急料金が高く、東京~仙台をはやぶさで移動 …