鉄道

【東北新幹線の割引一覧】新幹線を格安で利用する方法はこれ!

投稿日:2020年7月15日 更新日:

東京から仙台、盛岡、新青森、新函館北斗駅を結ぶ「東北新幹線/北海道新幹線」

新幹線は長距離を短時間かつ快適に移動できる便利な移動手段ですが、通常料金だと運賃・特急料金が高く、東京~仙台をはやぶさで移動すると片道11,410円です。

しかし、東北新幹線にはお得な割引切符やフリーきっぷ等も多く、条件が合えば格安で新幹線利用することができます。

今回は、そんな東北新幹線で使える割引切符やフリーきっぷ等について紹介していきます。

東北新幹線で使える割引きっぷ一覧

東北新幹線で使える割引には以下のような切符があります。

  • えきねっとトクだ値/お先にトクだ値(片道)
  • 回数券/金券ショップのバラ券(片道)
  • 週末パス(フリー乗車券)
  • JR東日本株主優待券
  • 学割
  • 新幹線パック

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JRのネット予約サイト「えきねっと」(会員登録無料)より購入できる、指定区間の運賃と指定席特急料金がセットになった片道切符です。

東北新幹線の各区間で割引が設定されており、前日まで購入できるトクだ値、14日前までに購入できるお先にトクだ値があります。(期間限定で半額になるトクだ値スペシャルもあります。)

割引率は列車や区間により異なりますが、トクだ値で5%~15%、お先にトクだ値で25%~35%の割引となっています。

主な区間の設定区間と割引金額は以下の通りです。

  • 東京~仙台(やまびこ利用)
    →10%割引:9,790円
    →30%割引:7,610円
  • 東京~盛岡(はやぶさ利用)
    →5%割引:14,060円
    →25%割引:11,100円
  • 東京~新青森(はやぶさ利用)
    →5%割引:16,590円
    →25%割引:13,090円
  • 東京~新函館北斗(はやぶさ利用)
    →5%割引:22,050円
    →25%割引:17,410円
  • 仙台~新函館北斗(はやぶさ利用)
    →10%割引:15,960円
    →30%割引:12,410円

トクだ値は片道切符ですが、行きと帰りの往復分を購入できれば、大幅な割引となります。

ただし、トクだ値は発売席数に限りがあるので、予定が決まり次第早めに予約しましょう。

特に、お先にトクだ値やトクだ値スペシャルは、予約開始後すぐに売れてしまうので注意してください。

回数券/金券ショップのバラ券

東北新幹線は、乗車券と特急券がセットになった新幹線回数券が販売されています。

通常は6枚つづりですが、金券ショップであれば各回数券のバラ券を購入することができます。

割引率は概ね10%前後といった感じですが、えきねっとのような予約は不要で、購入すればすぐに利用できるのが特徴です。

直前になって新幹線に乗りたい場合は、主要駅近くの金券ショップにて回数券を探してみると良いですね。

ただし、回数券はGWやお盆、年末年始などのハイシーズンには利用できないので注意しましょう。

週末パス

週末パスは土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。

料金は大人8,880円、子供2,600円で、東北新幹線で利用できるエリアは、東京~仙台~くりこま高原、また東京~山形・新庄の各エリアとなっています。有効期限は2日間です。

週末パスは、乗車券タイプのフリーきっぷなので、新幹線を利用する場合、別途で特急券を用意する必要があります。

ただ、通常の乗車券を購入するよりも週末パスを利用した方が安くなるケースが殆どです。お得になる区間と、その通常運賃を比較するとお得度が分かるかと思います。

  • 東京~新潟:片道5,720円
  • 東京~仙台:片道6,050円
  • 東京~福島:片道4,840円
  • 東京~山形:片道6,050円
  • 東京~酒田:片道8,360円(新潟経由)

東北の各主要都市を単純往復するだけでも元が取れるので、土日に新幹線を利用するなら非常にオススメの切符です。

また、JR線以外にも、富士急行線やほくほく線、しなの鉄道といった私鉄も利用できるので、周遊の旅行にも便利な切符と言えます。

ただ、1点注意事項として、週末パスの販売期間は利用開始の前日までで、当日購入はできません。

切符は1か月前から発売されますが、遅くても前日の金曜日までに購入する必要があるので注意しましょう。

JR東日本の株主優待券

JR東日本の株主優待券は、優待券1枚で運賃と特急料金が4割引となり、東北新幹線でも利用できる割引制度です。

割引はグリーン車利用でも適用されるため、東北新幹線のグリーン車をお得に利用したい方にもオススメの割引と言えます。

株主優待券は、JR東日本の株主になるか、金券ショップやネットオークションにて優待券を購入することで入手できます。

金券ショップやネットオークションで購入する場合、優待券1枚当たりあたり2,500円~3,000円が相場です。ただし、需給のバランスによって価格相場は常に変化します。

上記の価格で株主優待券を入手することを考えると、オススメの利用区間は、東京~秋田、東京~青森といった長距離区間での利用です。

学割

学割は、片道の営業キロが101km以上となる区間を移動する場合に利用できる学生限定の割引切符です。

学割は乗車券(運賃)が2割引きとなる制度であり、特急券は別途で購入が必要です。

東北新幹線は東京から新函館北斗までを結んでいるため、片道101km以上移動することは容易です。

また、JRの運賃制度では、長距離になるほど1kmあたりの運賃が安くなるので、一筆書きで周遊できるルートで購入すると、よりお得になります。

学割は、学生さんならいつでも利用できる割引制度なので、他の割引と比較検討してみましょう。

宿泊込みの新幹線パックツアー

お得な切符とは異なりますが、目的地までの往復利用と宿泊を挟むのなら、新幹線パックツアーを利用することで、東北新幹線もお得に利用することができます。

新幹線の料金もプランに含まれており、利用する列車や時間帯で追加料金が発生しますが、個々に予約するよりも通常料金より安く利用できる場合が多いです。

新幹線だけなら割引切符を使う方が安いですが、東北新幹線の切符とホテルの予約を一度に済ませられるので、手間と時間をかけずに済ませたい場合にオススメと言えます。

まとめ

このように東北新幹線で利用できる割引はいくつかありますが、各割引の特徴を整理すると以下のようになります。

  • えきねっとトクだ値
    →お先にトクだ値が格安/早期に予約が必要
  • 新幹線回数券
    →割引額は小さいが当日でも利用可能
  • 週末パス
    →土日祝の利用でお得/当日購入は不可
  • JR東日本株主優待券
    →長距離区間またはグリーン車の利用でお得
  • 新幹線パック
    →新幹線とホテルの同時利用でお得

割引率で見ると「えきねっとトクだ値」と「株主優待券」がお得で、土休日なら週末パスも有力な割引切符となります。

割引切符にはそれぞれ利用条件があるので、利用日や目的に応じて、ベストな割引切符を選択しましょう!

以上、参考になれば幸いです。

アドセンス336




アドセンス336




-鉄道

執筆者:

関連記事

【特急宗谷/サロベツ】札幌・旭川~稚内の割引切符はこれ!

札幌・旭川から日本最北端の駅、稚内を結んでいる特急宗谷/サロベツ。 宗谷岬や利尻島・礼文島といった稚内方面へのアクセスに便利な特急列車であり、札幌~稚内を約5時間15分で結んでいます。 今回は、この特 …

【特急ひたち/ときわ乗り方ガイド】料金や割引切符を徹底解説!

東京や上野から水戸やひわきなど、常磐線の主要駅を結ぶ、JR東日本の特急列車「特急ひたち」と「特急ときわ」 2020年には、仙台までの直通運転が復活したこともあり、JRの特急列車としては長距離を走る列車 …

【新幹線】はやぶさ/こまち/やまびこ/つばさの違いはこれ!

「はやぶさ」「こまち」「はやて」「やまびこ」「つばさ」「なすの」 北海道・東北新幹線には2020年現在、上記6種類もの新幹線が運行されています。 名前だけは聞いたことがあるという方でも、何がどの方面へ …

【特急オホーツク/大雪の料金】札幌~網走間の割引切符はこれ!

札幌から石北本線を経由して札幌~北見・網走間を結ぶ特急オホーツクと特急大雪(たいせつ)。 特急オホーツクは、数ある特急列車の中でも長時間走る列車であり、札幌~網走を乗り通すと片道5時間20分ほどかかり …

【特急北斗】札幌~函館で使える割引切符はこれ!

札幌と道南の函館を結ぶJR北海道の特急列車「特急北斗」。 有名観光地である函館へのアクセスや、北海道新幹線を乗り継いで札幌へ向かう際に便利な列車であり、札幌~函館の所要時間は約3時間50分となっていま …